質問クック諸島での食事はどうですか?
回答

ファーストフードなどは一切ありません。でも自然の恵みを直に受けた海の幸、山の幸、素朴ではありますが、新鮮な素材を使ったバーベキュー、サラダ等は日本人の味覚に合います。

質問ニュージーランドを経由すると聞きましたが、途中で立ち寄ることはできますか?
回答

できます。帰路、または、往路にオークランドに立ち寄られ、ニュージーランド最大の港町の観光を併ることは旅の幅を広くします。

質問クック諸島に、「蚊」はいますか?
回答

います。「ムヒ」など、日本の薬はとても効きますので虫除けの軟膏など持参されるとよいでしょう。

質問気候について、昼間と夜の温度差はありますか?
回答

夕刻になると海からの風が涼しく感じ、ちょっと肌寒くなります。風邪をひかないように、少し厚手のパーカー、スウェットシャツなど持参されるとよいでしょう。

質問クック諸島に行くのに何か特別に持参したほうがよいものはありますか?
回答

街灯がなく、ホテル界隈で食事をされた後、お部屋に戻る際、真っ暗になり過ぎることも。そんな時に役に立つのが懐中電灯。クック諸島で懐中電灯はなかなか手に入れることが難しいアイテムの一つ。是非日本から持参されることをお勧めします! 

質問クック諸島へ行くのは、他の方面と比べて時間的にはどんな感じでしょうか?
回答

日本からオークランドまでの飛行時間は約11時間になり、その後、オークランドからラロトンガまでは約3時間半。トータル約14時間半の旅になります。ヨーロッパ方面に旅行する場合、直行便で12時間ほどかかりますが、クック諸島への道のりは決して近くはありません。しかしながら、オークランドからのフライトはたったの3時間半。そこには素敵な楽園が待っています!